カテゴリー: サックス、フルートレッスン

2021/6/20 菊地康正サックス、フルート道場セッション

2021/6/20 菊地康正サックス、フルート道場セッション

★このブログは、ブログランキングに参加
しています。良いなと思ったら、ボタンを3つ
ポチ、ポチ、ポチッと
押してくださいね。(^_?)?☆

ジャズランキング

洋楽ランキング

音楽理論ランキング


久々のセッションは、コロナ騒動、緊急事態にもめげず、楽しく開催されました。

音楽を楽しむ事は、決して不要不急ではありません。必要不可欠なのです。

今回は、五反田の音楽スタジオ、スタジオペンタにて開催。

参加者6名に、リズムセクションは、長年菊地の信頼の厚い、都丸 翔(gt)、菅原正宣(b)の面々に、オマケで菊地もピアノを少々サポートで参加。

生徒さん、卒業生、また部外者参加で、フルート2名、アルトサックス1名、テナーサックス2名。ボーカル1名の参加がありました。

ボーカルの小泉摩岐子さんは、長年僕のライブのファンで、ライブでは何回もお見かけしておりましたが、仲間の多田さんに、僕の教室への入門を勧めたり、今回はジャズボーカルで参加してその素晴らしい歌声を披露してくれました。

豊かな声と表現力に大変驚きました。こういう素晴らしい方々に、僕らのライブや教室は、支えられているのだと、気持ちを新たにする思いです。

演奏曲は、下記で、皆さん熱気のある演奏で、普段の研鑽ぶりを存分に披露していました。僕の道場へ通う生徒の皆さんが、素晴らしい音で、素晴らしい演奏をしてくれるほど嬉しいことはありません。

打ち上げも楽しく、音楽談義で盛り上がり、普段は職業も違えば、巡り会うことのない皆さんが、演奏の発表を終えて、共通の趣味、音楽、ジャズを語り合う、菊地道場本来の姿が見られて、この教室を何十年も、ずっと続けて、本当に楽しく良かったなと思えた夜でした。

写真は、小泉摩岐子さんからもたくさん提供して頂きました。またシャッターを押してくれた、居酒屋の隣の席の若者も有り難うございました。

演奏曲:All of me、Fly me to the moon、My way、Bye bye blackbird、Misty、Now’s the time、酒と薔薇の日々、UP JUMPED SPRING、Over the rainbow、聖者が町にやってくる、Autumn Leaves、Yesterday、Just the way you are、Don’t get around much anymore、Water mellon man.さらに詳しく


Old Blog
菊地にサックス、フルート
を習
ってみたい方は、 ★菊地
康正のサックス、フルート教室へ
菊地のサックス、フル
ートのレッスンを
すべて動画化。
★Flute DVD ★Sax DVD
菊地康正の伴奏ピアノ
オンライン講座
夏のジャムセッションを開催

夏のジャムセッションを開催

★このブログは、ブログランキングに参加
しています。良いなと思ったら、ボタンを3つ
ポチ、ポチ、ポチッと
押してくださいね。(^_?)?☆

ジャズランキング

洋楽ランキング

音楽理論ランキング
★2021/6/20(日)★  緊急で、演奏の機会が少なくて、くすぶっている方に朗報! 菊地康正 サックス・フルート道場東京横浜教室  夏のジャムセッションを開催します。

詳しくはこちらです。

道場生徒のみならず部外者歓迎! サックス、フルート以外の楽器の方、ピアノ、ギター、ドラム、ボーカルも歓迎です。 場所は、山手線五反田駅から5分、音楽練習スタジオペンタ 以前の発表会の模様です。 

Old Blog
菊地にサックス、フルート
を習
ってみたい方は、 ★菊地
康正のサックス、フルート教室へ
菊地のサックス、フル
ートのレッスンを
すべて動画化。
★Flute DVD ★Sax DVD
菊地康正の伴奏ピアノ
オンライン講座
youtube 広告開始

youtube 広告開始

★このブログは、ブログランキングに参加
しています。良いなと思ったら、ボタンを3つ
ポチ、ポチ、ポチッと
押してくださいね。(^_?)?☆

ジャズランキング

洋楽ランキング

音楽理論ランキング
菊地康正のサックス、フルート教室のユーチューブ広告が始まっています。僕はまだ見ていませんが、ユーチューブでサックス、フルート関連の動画で表示されているようです。見た方は是非、こちらまでお知らせください。(笑) それに伴い、新しい、菊地康正サックス、フルート教室のサイトを開設しました。 菊地康正のサックス、フルートのレッスンに、興味のある方はお問い合わせ下さい。

Old Blog
菊地にサックス、フルート
を習
ってみたい方は、 ★菊地
康正のサックス、フルート教室へ
菊地のサックス、フル
ートのレッスンを
すべて動画化。
★Flute DVD ★Sax DVD
菊地康正の伴奏ピアノ
オンライン講座
ジャズ、そして音楽の真髄とは?

ジャズ、そして音楽の真髄とは?

★このブログは、ブログランキングに参加
しています。良いなと思ったら、ボタンを3つ
ポチ、ポチ、ポチッと
押してくださいね。(^_?)?☆

ジャズランキング

洋楽ランキング

音楽理論ランキング

今朝は風が強い。台風の様な風がすべてを洗い流してくれる様だが、外でフルートの稽古をするフルート吹きとしては、収まってくれたらと思う。
さて、全ての楽器やボーカルで、カッコいいアドリブをするにはと皆んな考えていると思う。
すぐ効くコツが有るので紹介しよう。
その前に、音楽を聞いて、聞き手の頭の中で何が起こっているのかを考えて見よう。
よく言われる音楽の3要素はもちろん、酒、女、ドラッグまたはギャンブル??
おっと間違えた、リズム、メロディ、ハーモニーだね?危ない危ない!
ロックンロール、スィング、フラメンコ、ルンバ、サルサ、ウィンナ・ワルツ、ファンク、音頭、(笑)。
色々なリズムがあり、好き好きは人により、民族に依るだろう。
自分にピッタリくる、カッコいいと思うリズムの音楽を聴けば良い。
音楽は、心の栄養、食事なので、栄養価の高い音楽をいつも摂取すると、心が健康になり、生きていく意欲が湧く。
若くて健康で美しい女性を見ると、彼女を喜ばせたいと思うのは全ての男の本能なのと同じだ。
ハーモニーには、重力があって、コード進行が、いつも起承転結のストーリーを描いているので、素人は無意識に感じ、音楽家なら意識的にそれを組み立てる。
ジャズ屋なら、普通のコード進行を、マスターしたら、よりカッコイイ音遣い、不協和音、テンションノートや新しい音階を調べたり練習するだろう。
実際のジャズ演奏を聞いて、人間なら、聞き手の頭の中では、1つのフレーズを聞いたら、それを認識して、味わい、それは次にどうなるのかを予測を立てる。
熟練した聞き手なら、3,4通りの予測を立てて、そのどれかかな?と待っている訳だ。
クラシックの作曲法でも、主題と変奏というやり方は、5度進行とともに石のように、伝統的なものだ。
モチーフを、リズムを変え、転回形を差し替え、コード進行を変えて、似ているけど、少しばかり変更したものをどんどん並べて、聞き手の期待に答え、ある程度満足と意外性をバランス良く折り込み、興味を持続させていくのだ。作曲家の腕の見せ所。
優れたジャズ奏者は、それを即興的に行う訳だ。
何をしているかと言うと、あるフレーズを思いついて演奏、それを次のコード進行上に当て嵌めて、似たようなフレーズを思い出して吹く、数回繰り返したら、別のフレーズを出して、また、数回繰り返す。
これを即興的編曲能力と呼ぼう。
聞き手の耳と、興味を十分惹きつけたら、仕込んだお得意の決めフレーズを繰り出す。
事前の根回し、または、前戯(笑)が十分だと、どんな意外な展開も、聞き手は喜んで受け入れる。ヤッター?!クライマックスは、すぐそこにある。
つまり、聞き手は、予測が当たることが、嬉しいし、さらにスリルがあって、カッコよく予測を裏切って欲しいという、二律背反の欲望を持っている。
ジャズの世界で、予測とスリルの興奮、ワクワクを生み出す才能の最高峰は、(私見としては)マイルス・デイヴィス、セロニアス・モンク、ビル・エヴァンス、チャーリーパーカー、ソニー・ロリンズなどであろう。(あくまで個人的意見)
以前にも書いたことがあるが、マイルス・デイヴィスが亡くなる3ヶ月前にオランダのハーグNorth sea jazz fesにて、聞く機会があった。
もちろん、僕も三木Bingoと、Inner garaxy orch (別名みんなギャラ無しオーケストラ)のスターソロイストとして参加していたのだが。この時もやはりギャラは無かった(笑)。
その時のMilesバンドの演奏を記憶で再現してみよう。
バンドは、ファンクのリズムか、ご機嫌、カッコイイーーッ!そこに御大登場。
真っ黒で光り物の衣装に、黒いトランペット、もちろん本人も真っ黒で、存在自体が痺れるくらいカッコいい。
1音目炸裂!パァ~~!!
あの神秘的な音色、下がり目なピッチ感といい、ブルースのかたまり。
1音で、既にノックアウト。ひぇ~~、参りました!
ええい、頭が高い、この方を誰と心得る、ははー、思わず土下座しそうに(笑)。
続いて、フレーズを聴音して、予測を立てながら聞いていく。
ブレスして、次はここで来るだろうというタイミングは、必ず外し、焦らせてから、次のフレーズを吹き始めて居るのが解った。
く~~~~っ!何て、カッコ良いんだ!マイルス。
心を鷲掴みされる感覚だ!
また、予測したフレーズは、すべて外れて行くので、スリル100%で、手に汗握るワクワクは止まらず、聞き手を手玉に取るマイルスマジックを体感したのだった。生マイルスを聞くのは3回目だった。
すべてのジャズ屋に告げたい。
1.まず、予測通りのモチーフ& バリエーションを学んで、聞き手を満足させる方法をマスターせよ。
2.しかして、予測を裏切る方法を学んで、スリルを作りだせ!!
アドリブする人は、ブレスして、次のフレーズを繰り出すときに、空白を配置し、さっき自分の出したフレーズを味わう時間を与えてあげよう。
そして、聞き手を焦らして予測より、2-4拍遅れて出てみよう。
そして何よりも、自分のフレーズを愛そう。何万回繰り返しても飽きない自分だけのフレーズをストックすること。
音楽と、過去にいばらの道を乗り越えて、それを作り上げた偉大な先達と聴衆に無限の愛と感謝をささげよう。
皆さんの参考になれば幸いです。


Old Blog
菊地にサックス、フルート
を習
ってみたい方は、 ★菊地
康正のサックス、フルート教室へ
菊地のサックス、フル
ートのレッスンを
すべて動画化。
★Flute DVD ★Sax DVD
菊地康正の伴奏ピアノ
オンライン講座
楽しいトレーニング

楽しいトレーニング

★このブログは、ブログランキングに参加
しています。良いなと思ったら、ボタンを3つ
ポチ、ポチ、ポチッと
押してくださいね。(^_?)?☆

ジャズランキング

洋楽ランキング

音楽理論ランキング
一昨日、いつもの多摩川ガス橋下で名古屋の生徒さんの、インターネットレッスンを開始しようとアルトサックスを取り出し、ウォームアップ、ガムテープで、スマホを壁に貼り付けて、テレビ電話の準備完了。
すると、ある男が近づいて来る、
イヤー素晴らしい音ですね?ではなく、五月蝿くて近所で苦情が出ているので、他の場所でやってくれ。(笑)
菊地康正の音の素晴らしさが分からず、騒音に聞こえるというので呆れて、ふと思い出すのは、愛国者で数学者の藤原正彦さん。
友人で外人の高名な学者を、自宅に呼びご馳走を振る舞おうとすると、風流な虫の声が、聞こえる。気持ちよく聞き入っていると、賓客は言う。
なんですか?あのノイズ(雑音)は?
藤原氏は、思う。
嗚呼、なんで日本はこんな程度の低い奴らに戦争で負けたのだろうか?(笑)
話は変わり、ニューヨークのセントラルパークのベンチに腰掛けていた、世界最高峰のクラシックピアニストと言われる、ホロビッツは、日課の散歩の途中でべンチに佇んでいると、カメラを肩にかけた男に話しかけららる。
爺さん、仕事は何をやってんだい?
私はピアニストだ。ピアノを弾くのが仕事だ。
え~~~?ピアノなんか弾いちゃって、爺さん、儲からないだろう?(笑)
二人は楽しく会話した。気に入られた男はホロビッツの、肖像写真を撮るカメラマンに抜擢される光栄に浴した。(笑)
さて、昨日は、苦情が出たガス橋の川崎側へ、回りフルートの稽古。反対側なら大丈夫だらう。
橋の下で、若者が5人位でバーベキュー。そうか、あの緑の狸が仕掛けた緊急事態馬しか宣言だもんね?
一応断りを入れる。
こんにちは、楽器の練習良いかな?
あ、良いっすよ。構わないッス。
強風の中、響きの良い橋の下で音出し、跳躍練習、音階練習、自由インプロ練習、バッハのパルティータ、伴奏音源と、クラシック名曲集、ラテン・ジャズ、スタンダードジャズと、メニューをこなしてゆく。
昨日は捗ったなあ、フルーティストとして、着々と前進している感がある。
隣のテニスや、ハンドボールの練習の人たちを横目に。
若者たちから、焼きそばを振る舞われる。
有難う、おお、美味しいね?
ビールも有りますよと言われたが、これから練習なので、、!。
見ていると、若者の一人が、肌寒い中、多摩川に飛び込んで泳ぎ始める。寒中水泳に近いが、若者たちは元気だ。
風が強いので、上がったら、寒いだろうに。若さって素晴らしい。
一時、若者たちがまるで、自分の息子がたくさん居るように見えた気がした。
5/27に赤坂で菊地康正のライブがあります。詳細はこちらです。

Old Blog
菊地にサックス、フルート
を習
ってみたい方は、 ★菊地
康正のサックス、フルート教室へ
菊地のサックス、フル
ートのレッスンを
すべて動画化。
★Flute DVD ★Sax DVD
菊地康正の伴奏ピアノ
オンライン講座
ある日のサックスレッスン

ある日のサックスレッスン

★このブログは、ブログランキングに参加
しています。良いなと思ったら、ボタンを3つ
ポチ、ポチ、ポチッと
押してくださいね。(^_?)?☆

ジャズランキング

洋楽ランキング

音楽理論ランキング
東京、横浜、大阪、名古屋でサックス、フルートレッスンをしている菊地康正です。
 
昨日は、テナー生徒さん2名のレッスン。改めて、ジャズサックスに必要ないろいろな要素を自ら再確認する。
狭いレッスンルームで、快適な音を聞かせてもらったら、こちらも嬉しいし、生徒さんも嬉しい。
いい音を出すためのテクニックも大事だが、いい音をいい音だと感じる感覚、感受性も大事。
非音楽的な音を聞かせられるのは拷問に等しいので、僕もみんなに、いつもいい音を出してもらうよう心掛ける。
 
20年以上教えてきて気が付いたことは、音楽は、1.譜面をなぞって設計されたとおりに再現できる人と、
2.音楽の仕組みが分かり、組み立てを理解して演奏できる人というふたつのやり方があるということである。
 
これを、演奏家的視点、作曲家的視点と考えるとわかりやすいだろう。
一生誰か作った音楽を再現することが喜びですという人は、作曲家的視点は不要だが、アドリブできたらなぁと考える人は必要になって来る。
 
この日の生徒さんは、二人とも、時々セッションに登場しては、人前で演奏しつつ、もう少し上に行くには?と言う問題意識のある方ばかりなので、喉が乾いた人が、気持ちよく水を飲むように、知識を吸収してくれるのがこちらも気持ち良い。
 
僕の教室のやり方はこうだ。例えば、G7/Cのバターンを練習するときは、(キーはC,コードはG7/C)と読み上げた上でバターンを吹く。
ソシレファ、ラファレシ、ドミソド~~~~。
 
C7/Fなら、(キーはF、コードはC7/F)と、読み上げて脳に認識させる。
常になんのキーか、なんのコードかを認識して、練習する訳である。
 
いずれ、訓練の結果、クラシックだろうが、ジャズだろうが、なんのキーでなんのコードが鳴っているのかを、リアルタイムで認識できたら素晴らしいと言う事である。
 
そのために、サックスの生徒さんにもピアノを弾いてもらい、コードに親しむようにしてもらっているのである。
 
さて自分の話だが、韓国製キムズのテナーは、キーアクションの改造が完成し、ほぼ100%何もストレスなく、100倍早く指が動き、もともとの自分のサックス奏者としての、ポテンシャルに改めて驚く(笑)。
 
思いついて、現代のジャズサックスの最高峰として、故マイケルブレッカー、ジョシュアレッドマンなどを聞いて見るが、テクニックがあっても、例えば、スタンゲッツ、ジョーヘンダーソン、ウェインショーターのような、個性や、奥深い歌心が、自分も表現できたらと思う。
いや、日本にも本当に個性と魅力のあるサックス奏者が出ても良いと思うのである。
 
マウスピースの調整も上達してきているので、自分でも豊かな色彩を感じる音色が得られているのが嬉しい所だ。
 
無能で有害な現在の日本の首脳部の輩たちが繰り出す、DS最後の悪足掻き、偽コロナ、●●宣言をものともせず、音楽教育、そしてコロナ明けの、黄金の日々に向けて、明るく朗らかに、益々芸術的研鑽を積み上げておこうと思う。

Old Blog
菊地にサックス、フルート
を習
ってみたい方は、 ★菊地
康正のサックス、フルート教室へ
菊地のサックス、フル
ートのレッスンを
すべて動画化。
★Flute DVD ★Sax DVD
菊地康正の伴奏ピアノ
オンライン講座
4つのサックスの中で、テナーサックスが一番難しい

4つのサックスの中で、テナーサックスが一番難しい

★このブログは、ブログランキングに参加
しています。良いなと思ったら、ボタンを3つ
ポチ、ポチ、ポチッと
押してくださいね。(^_?)?☆

ジャズランキング

洋楽ランキング

音楽理論ランキング

ある、サックスグループで、4つのサックスの中で、テナーサックスが、一番難しいと言う話題で盛り上がっていたので、少し書いてみました。

実感として、テナーの音色づくりの難しさは、その構造にアルト、いや、有ると、言われています。

ネックが、逆方向に2回曲がっているのはテナーだけです。

また、歪みやすいので、何だか調子悪いテナーは、ネックが長年のマウスピースの抜き差しで下向きに歪み、潰れている場合があります。

調子が悪いサックスについての相談はこちらへ。

http://kose-sax-flute.jp/Sax%20Maintenance%20consul.html

さて、歴史的にサックスが発明されてオケで使われたりしましたが、最初はアルトのあまりにエロチックな音に、オーケストラに馴染むのにはあまりに個性的だったため、あまり使われず、吹奏楽かジャズにサックスの活躍の舞台は移りました。

そちらの世界でも、最初はやはりアルトの個性が目立ち、テナーは、オケのヴィオラのやうな位置づけで、アルトとバリトンの繋ぎの役目で地味な目立たない楽器でした。

コールマンホーキンズが、19歳のときにサブトーン奏法を発明して、Body and soul を吹き込み、大ヒット。一躍テナーはジャズの、花形となり、星飛雄馬のライバルに!古くてスミマセン。

その後の、テナーの個性的な奏者は、綺羅星の如くです。

アルトや、バリトンに比べて、もともと曖昧な音なので、奏者がイメージすると個性が作りやすいと言う事では無いでしょうか?

レスター、ロリンズ、マイケルブレッカー、コルトレーン、ゲッツ、ショーターなど、数秒でその人だと特定できる個性的なサウンドのテナー吹きは、多いです。

ちなみに私事ですが、数年前にニューヨークのクラブで、演奏する機会があり、あるアメリカ人の、ジャズファンの方、その方は、有名サックス奏者を自分の耳で、何十年も聞き続けて来た方なのですが、僕のテナーは、高音はスタンゲッツ、低音はズートシムズに似ているとの事。関西で活躍するDJのクリス氏の父君です。

最高な惨事に、いや讃辞に、気を良くして帰国したのでした。

韓国の初のサックスメーカー、キムズ社のキムビヨンホー社長から頂いた、ブロンズ+銀メッキのテナーサックス。

音は世界に唯一無二な個性で、素晴らしい。

キーアクションは、僕の長年の経験から、だいぶ改造を施していて、つい最近完成しました。

ごく些細な部分だけど指が完全に自然な位置に収まると、指が100倍早く回る気がして、練習が楽しい。

いくらでもアイデアが湧いてきて、いくらでも練習できます。また、マウスピースが、ちょっとこういう音にしたいなあと思ったら、自分で削って思い通りの音に出来るって素晴らしいです。

http://kose-sax-flute.jp/Sax%20Reface.html

菊地のテナーサックスをお楽しみ下さい。

皆様、良い一日をお過ごしください。

 


Old Blog
菊地にサックス、フルート
を習
ってみたい方は、 ★菊地
康正のサックス、フルート教室へ
菊地のサックス、フル
ートのレッスンを
すべて動画化。
★Flute DVD ★Sax DVD
菊地康正の伴奏ピアノ
オンライン講座

<

★2種類の音楽の能力について

★2種類の音楽の能力について

★このブログは、ブログランキングに参加
しています。良いなと思ったら、ボタンを3つ
ポチ、ポチ、ポチッと
押してくださいね。(^_?)?☆

ジャズランキング

洋楽ランキング

音楽理論ランキング

東京、横浜、大阪、名古屋で、サックスレッスン、フルートレッスンを展開している菊地康正です。

今構想中の新しい講座を作るに当たって、考えていることがあります。
とても長いので、興味のない方はスルーして下さいね?
私は、演奏家としては足かけ半世紀、教室でサックス、フルートの生徒の指導は、30年以上続けて居るわけですが、音楽の能力、才能には二つの要素が有るのではないかと気がつきました。
それは・・・・・・・、
1.演奏家、歌手的能力。これは、音楽再現能力とも言えます。例えば、お手本の歌や演奏を聴いたり見たり譜面を読んだりして、真似して練習して記憶し、再現する。歌い手はほとんど、このタイプで、お手本音源を何度も聞いているうちに、記憶して、その通り歌えるようになるのです。
ジャズ音楽家でも黒人は多くはこのタイプで、耳だけで、まれに指の動きを見るだけで、音楽を再現できてしまうタイプが多い。
また、管楽器や弦楽器は、吹奏楽、オーケストラなどで、楽譜を読み練習する文化があるので、長年の練習、経験から目と指のサイクルができあがって、楽譜さえあれば、それを機械的に指に変換して演奏出来ると言う方が多いです。
つまり、楽譜を読むことに上達すれば、音程をちゃんと歌う、感じること無しに再現できてしまう。
だから、音程や、和音もちゃんと認識して音楽的に記憶する力を持った方もいますが、譜面がないと何も出来ないという方も存在します。
例えれば、演奏家は役者、女優です。
2.作曲家的能力。これは、拍子や、リズム、コード、ハーモニーに対する感覚や理解があり、いろいろな音階や、コードを組み合わせて、メロディや、コード進行など音楽を作り出す、創造する能力です。
作り出すと言っても、何も無いところに、魔法のように何かを生み出すのではなく、過去の偉大な、有名な楽曲やコードパターン、フレーズなどをたくさん学び、審美眼(耳)を磨き、今まであったものを、自分のセンスで並び替えるという作業に近いと思います。例えれば、脚本家、映画監督です。
3.西洋クラシック音楽の世界では、バッハやショパンなど、初期の作曲の大家は即興演奏の名手だった例が多かったのですが、音楽が複雑化するにつれて、作曲家と演奏家は、200年以上前に完全に分業体制に入りました。
100年前にアメリカで始まったジャズは、アフリカに源を発する、スイングやシンコペーション、アンティシペーションと呼ばれる独特のリズムの文化、ブルース音階などが、アメリカという、人種のるつぼ、実験移民国家において、西洋クラシック音楽と、衝突、化合して出来たもので、現代のポピュラー音楽の源流となっています。
ジャズの即興演奏(インプロビゼーション)を主体とするやり方は、作曲家が演奏するという意味では音楽の形態の先祖帰りとも呼べるものです。
例えれば、原作者が主演俳優でもある、シルベスタースタローンが映画ロッキーを作ったようなものです。
つまり、
1.演奏家、歌手・・・作られた音楽を、音源、楽譜から再現する人。
2.作曲家・・・音楽を作り出す人(演奏は他の人に依頼)。
3.ジャズ演奏家(インプロヴァイザー)・・・・作曲家的能力と演奏家的能力をバランス良く持つ音楽家。
と言うことになります。
さて、私菊地康正が、ジャズ、ポピュラーの日本の音楽業界で実際に生きてきた経験を後進に伝え、一人でも多く日本人もしくは、アジア人、地球人の音楽能力を高め、演奏家的能力と、作曲家的能力のバランスのとれた音楽家を増やしたい。
そのために、膨大な時間をかけて多くの書籍、教材を製作し、長く生徒のレッスンを続けてきました。
私の歩いてきた道を振り返ると、子供時代は、音楽を聴くことに興味を持ちました。それは音に色が見える気がしたからです。これは、視覚と聴覚が交差する共感覚という特殊な能力だと後で解ります。
ピアノは、独自に学習、またクラシックギターは通信教育で学び、音楽の仕組みを学び、コード、和声に関する感覚が育ったようです。また、中高と吹奏楽部で、クラリネット、サックスも演奏し、管楽器に親しみ、合奏の楽しさも経験しました。
その後、ジャズに興味が出てきて、実際にプロ入りしてからは、多くの偉大なサックス奏者のインプロビゼーションを研究、書籍、レコードから学び、いわゆる耳コピで、いろいろなサックス奏者のインプロビゼーションを書き取っては練習することから始めました。
その後、二人の先生から教えを受け、現在の基礎となっています。
日本のジャズ史に残る偉大なサックス奏者松本英彦からは、ジャズフレーズの組み立て方を、インナーギャラクシーオーケストラで、日本ジャズ界に足跡を残した作編曲家の三木敏悟からは、バークリー、ジョージラッセル仕込みの音楽理論を学びました。
私の長年の研究に基づいたサックス、フルートの教本はお陰様で好評です。
どうしたらそのような格好いいフレーズを組み立てられるのかという問いには、いろいろな形で、ずっと答え続けて居るのです、それは受け取る側が進歩するとその分受け取るものは増えるようになっています。
音楽的耳には、明らかに発展段階というものがあり、年齢とは関係なく、幼稚園児クラス、小学生、中学生、高校生、大学生クラスという段階が存在します

また、体質に合うリズム、スタイルというものも存在します。演歌が好きな人も居れば、クラシック音楽が大好きな人も居ます。50年代ジャズしか聞かないという人も居れば、ロック大好き、ヘビーメタル、Jポップしか聞かないという人も居ます。
音楽的耳の発展段階と言うことで言えば、ドミソ、ファラドの3和音以上は理解できない人も居れば(ハイドン、ベートーベンの時代の和声感覚)、不協和音の美しさに快感を感じる人も(ワーグナー、ドビュッシーやストラビンスキー、バルトークなど、近代現代、およびジャズ)。
10年前に、生徒さんの音感を鍛え育成するために作った音感トレーニングメソッドはお陰様で370名以上の方が研鑽を積んで成果を上げています。これは、聴音、ソルフェージの基礎を学び、それを管楽器に応用し、記憶したメロディをいろいろな調に移動して演奏する、移調奏トレーニングでした。
https://kose-sax-flute.love/onkan
現在、その続編を構想しているところです。
管楽器学習者は、なぜコードを理解するのが難しいのか?長年の私の疑問でもあったのです。
答えはコロンブスの卵のようなものでした。以上の考察から、管楽器の方は、楽譜を読む文化の中で育った方が多いので、ピアノやギターでコードを弾いたことが無いから、少ないからでした。
目と指のサイクルだけで楽譜は演奏出来ても、頭の中にコードという概念、コードを弾いたときの快感の記憶、響きの記憶が無いと、コードを吹いても、何のコードか認識するのみならず、記憶することすら難しいようです。
実は私は、10代の頃クラシックギター、またピアノを学んだ経験があり、コードという概念はしっかりあった上で管楽器に取り組んでいたのでした。
それをすっぽり忘れて、どうしてうちの生徒さんは、コード感が無い人が多いのかと悩んでいたのでした。
生徒さんの、一生懸命練習し、難しい教材通りに吹ける姿を見ると、ついでにアドリブも出来るだろうという錯覚を夢見がちですが(笑)、全くそれは、別世界、脳みその違う場所を開発しないと無理なのです(笑)。
今度の講座では、今まで理論書や、教本、レッスンなどで挫折した人も救い出せれば、裾野広くいろいろな段階の方に光を与えるような講座にしていくつもりです。
菊地康正のサックス、フルートレッスンはこちらです。
http://kose-sax-flute.jp/saxroom.htm
http://kose-sax-flute.jp/Fluteroom.htm


Old  Blog
菊地にサックス、フルート
を習
ってみたい方は、 ★菊地
康正のサックス、フルート教室へ
菊地のサックス、フル
ートのレッスンを
すべて動画化。
★Flute DVD ★Sax DVD

調子の悪くなったマウス
ピース
を再生、 菊地康正の
★サックス、マウスピース
リフェイス
菊地康正の伴奏ピアノ
オンライン講座
アドリブやアドリブや、
作編曲
目指す人に
音感を付ける

★音感トレーニングメソッド
<
希少価値な男

希少価値な男

★このブログは、ブログランキングに参加
しています。良いなと思ったら、ボタンを3つ
ポチ、ポチ、ポチッと
押してくださいね。(^_?)?☆

ジャズランキング

洋楽ランキング

音楽理論ランキング
東京、品川、横浜、大阪で、サックスレッスン、フルートレッスンを実施する、菊地康正サックス、フルート教室を主宰している、菊地康正です。
 
昨日は、やはりあるウエブサイトを宣伝する業者と話していた。
 
大手のヤ🔴ハとか、島🔴楽器の教室は、資金力に物を言わせてもちろん上位につけているが、それ以外で個人で、グーグル検索で上位に付けているのは凄いと褒められた(笑)。
それは、SEO会社に、大枚を叩いて依頼してやってもらっているからね?
 
営業担当のY 君は20代で僕の息子たちより1周り若い。
 
美容室や、英会話、ピアノなどいろいろな教室のクライアントさんに成果を出してきた会社の営業担当者なのだが、僕のような、現役で40年以上続けてきた先生は、100人に一人の希少価値の、ある希有な方なのでぜひ弊社が、宣伝のお手伝いをさせて欲しいとのお話。
 
むむ、お世辞や営業トークかなとも思うが、通常から見ると信じられない有利な条件を提示してくる。これも落とすための手管に違いない!
 
この設定は、数年前に、韓国でキムズ社長に見込まれて数十万の高価なサックスをプレゼントされたり、やはり最近別のウエブ広告の会社の営業からも、宣伝さえ今の時代にあったものにすれば、生徒さんが殺到するので、是非やらせて下さいと、やはり信じられない非常に有利な条件を提示して懇願されたのとそっくりの状況だ。
 
儲けはなくても、僕の教室が躍進すれば、会社の実績になるからと言うことらしい。
いつの間にか僕は希少価値の男になってしまったかの様だ。
 
面白いのが、年は近いが、20代の彼のお祖父さんより、若いし、パワフルだし、ファッションも全然違うと褒められた(笑)。
 
それは、サラリーマンや公務員とは違う物を着ているし、僕は流行とは関係なく、長年の経験ではっきりした色や原色が自分に似合うのを知っているから。
 
仕事も音楽も、女もこれからだと思っているのに、お祖父さんと比較されて、なんだか楽しい(笑)。ははは。
 
菊地康正のサックスフルートレッスンはこちらです。
 

Old  Blog
菊地にサッ クス、フルート
を習
ってみたい方は、 ★ 菊地
康正のサックス、フルート教室へ
菊地のサ ックス、フル
ートのレッスンを
すべて動画化。
★Flute DVD ★Sax DVD

調子の悪くなったマウス
ピース
を再生、 菊地康正の
★サックス、マウスピース
リフェイス
菊地康正の伴奏ピアノ
オンライン講座
アドリブや アドリブや、
作編曲
目指す人に
音感を付ける

★音感トレーニングメソッド
ある日のサックスレッスン

ある日のサックスレッスン

★このブログは、ブログランキングに参加
しています。良いなと思ったら、ボタンを3つ
ポチ、ポチ、ポチッと
押してくださいね。(^_?)?☆

ジャズランキング

洋楽ランキング

音楽理論ランキング
東京、品川、横浜、大阪で、サックスレッスン、フルートレッスンを実施する、菊地康正サックス、フルート教室を主宰している、菊地康正です。
 
今日は、アルトサックスのS君のレッスン。
やはり僕の生徒さんは、アマチュアでもライブ活動を続けているような方が多い。
かなり吹けるし、曲もたくさん知っていてベテランの生徒さんだ。
 
この前の横浜ジャスプロムナードが中止になったのは可哀想だった。
ジャスのアルトは、バーカー以前の名手も沢山いるのだが、例えば、エリントン楽団にいた、ジョニーホッジスは、甘いバラードの名手で、天使のささやきと、言われた。ベニーカーターや、ベイシー楽団のマーシャルロイヤルなども素晴らしい。
 
サブトーンとピッチベンドは同じテクニックで、サックス特有の表現が可能な領域。
サックスでも、こういうクラシックな表現、パーカーなどビー・バップ的な吹き方、デズモンドやコニッツのようなクールな表現、サンボーンのような、ファンク、ロックよりな現代的な表現、各々が、触りだけでもできれば上出来だ。
 
後半は、パターン練習を極めていく。メロデックマイナーを、いろいろなキーで、いろいろなパターンやで、と一つ一つこなしてゆく。ジャズでは特にメロディックマイナーは、よく使うので、いろいろなキーでたくさん練習するのが良い。
さて今度は、それを曲で実践してゆくのだが、コードから、スケールを選び、フレーズも思いだしてつなげてゆくのは、記憶力と運動神経の、脳内思考スピードの勝負になってゆく。
学んだフレーズをただ繋げてゆくのではなく、今度は、あるモチーフを、コードが変わっても展開して行くと言う課題を出したら、きついきついと言いながら、こなしてしまう彼の実力は凄い。
 
今日もまた彼は、一歩プロに近づいた。
才能のある人を伸ばしてあげるコーチ冥利に尽きる日である。
 
菊地康正のサックスフルートレッスンはこちらです。
 

Old  Blog
菊地にサッ クス、フルート
を習
ってみたい方は、 ★ 菊地
康正のサックス、フルート教室へ
菊地のサ ックス、フル
ートのレッスンを
すべて動画化。
★Flute DVD ★Sax DVD

調子の悪くなったマウス
ピース
を再生、 菊地康正の
★サックス、マウスピース
リフェイス
菊地康正の伴奏ピアノ
オンライン講座
アドリブや アドリブや、
作編曲
目指す人に
音感を付ける

★音感トレーニングメソッド
Theme: Overlay by Kaira Extra Text
Cape Town, South Africa