4つのサックスの中で、テナーサックスが一番難しい

★このブログは、ブログランキングに参加
しています。良いなと思ったら、ボタンを3つ
ポチ、ポチ、ポチッと
押してくださいね。(^_?)?☆

ジャズランキング

洋楽ランキング

音楽理論ランキング

ある、サックスグループで、4つのサックスの中で、テナーサックスが、一番難しいと言う話題で盛り上がっていたので、少し書いてみました。

実感として、テナーの音色づくりの難しさは、その構造にアルト、いや、有ると、言われています。

ネックが、逆方向に2回曲がっているのはテナーだけです。

また、歪みやすいので、何だか調子悪いテナーは、ネックが長年のマウスピースの抜き差しで下向きに歪み、潰れている場合があります。

調子が悪いサックスについての相談はこちらへ。

http://kose-sax-flute.jp/Sax%20Maintenance%20consul.html

さて、歴史的にサックスが発明されてオケで使われたりしましたが、最初はアルトのあまりにエロチックな音に、オーケストラに馴染むのにはあまりに個性的だったため、あまり使われず、吹奏楽かジャズにサックスの活躍の舞台は移りました。

そちらの世界でも、最初はやはりアルトの個性が目立ち、テナーは、オケのヴィオラのやうな位置づけで、アルトとバリトンの繋ぎの役目で地味な目立たない楽器でした。

コールマンホーキンズが、19歳のときにサブトーン奏法を発明して、Body and soul を吹き込み、大ヒット。一躍テナーはジャズの、花形となり、星飛雄馬のライバルに!古くてスミマセン。

その後の、テナーの個性的な奏者は、綺羅星の如くです。

アルトや、バリトンに比べて、もともと曖昧な音なので、奏者がイメージすると個性が作りやすいと言う事では無いでしょうか?

レスター、ロリンズ、マイケルブレッカー、コルトレーン、ゲッツ、ショーターなど、数秒でその人だと特定できる個性的なサウンドのテナー吹きは、多いです。

ちなみに私事ですが、数年前にニューヨークのクラブで、演奏する機会があり、あるアメリカ人の、ジャズファンの方、その方は、有名サックス奏者を自分の耳で、何十年も聞き続けて来た方なのですが、僕のテナーは、高音はスタンゲッツ、低音はズートシムズに似ているとの事。関西で活躍するDJのクリス氏の父君です。

最高な惨事に、いや讃辞に、気を良くして帰国したのでした。

韓国の初のサックスメーカー、キムズ社のキムビヨンホー社長から頂いた、ブロンズ+銀メッキのテナーサックス。

音は世界に唯一無二な個性で、素晴らしい。

キーアクションは、僕の長年の経験から、だいぶ改造を施していて、つい最近完成しました。

ごく些細な部分だけど指が完全に自然な位置に収まると、指が100倍早く回る気がして、練習が楽しい。

いくらでもアイデアが湧いてきて、いくらでも練習できます。また、マウスピースが、ちょっとこういう音にしたいなあと思ったら、自分で削って思い通りの音に出来るって素晴らしいです。

http://kose-sax-flute.jp/Sax%20Reface.html

菊地のテナーサックスをお楽しみ下さい。

皆様、良い一日をお過ごしください。

 


Old Blog
菊地にサックス、フルート
を習
ってみたい方は、 ★菊地
康正のサックス、フルート教室へ
菊地のサックス、フル
ートのレッスンを
すべて動画化。
★Flute DVD ★Sax DVD
菊地康正の伴奏ピアノ
オンライン講座

<

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Theme: Overlay by Kaira Extra Text
Cape Town, South Africa