ある日のサックスレッスン

★このブログは、ブログランキングに参加
しています。良いなと思ったら、ボタンを3つ
ポチ、ポチ、ポチッと
押してくださいね。(^_?)?☆

ジャズランキング

洋楽ランキング

音楽理論ランキング
東京、品川、横浜、大阪で、サックスレッスン、フルートレッスンを実施する、菊地康正サックス、フルート教室を主宰している、菊地康正です。
 
今日は、アルトサックスのS君のレッスン。
やはり僕の生徒さんは、アマチュアでもライブ活動を続けているような方が多い。
かなり吹けるし、曲もたくさん知っていてベテランの生徒さんだ。
 
この前の横浜ジャスプロムナードが中止になったのは可哀想だった。
ジャスのアルトは、バーカー以前の名手も沢山いるのだが、例えば、エリントン楽団にいた、ジョニーホッジスは、甘いバラードの名手で、天使のささやきと、言われた。ベニーカーターや、ベイシー楽団のマーシャルロイヤルなども素晴らしい。
 
サブトーンとピッチベンドは同じテクニックで、サックス特有の表現が可能な領域。
サックスでも、こういうクラシックな表現、パーカーなどビー・バップ的な吹き方、デズモンドやコニッツのようなクールな表現、サンボーンのような、ファンク、ロックよりな現代的な表現、各々が、触りだけでもできれば上出来だ。
 
後半は、パターン練習を極めていく。メロデックマイナーを、いろいろなキーで、いろいろなパターンやで、と一つ一つこなしてゆく。ジャズでは特にメロディックマイナーは、よく使うので、いろいろなキーでたくさん練習するのが良い。
さて今度は、それを曲で実践してゆくのだが、コードから、スケールを選び、フレーズも思いだしてつなげてゆくのは、記憶力と運動神経の、脳内思考スピードの勝負になってゆく。
学んだフレーズをただ繋げてゆくのではなく、今度は、あるモチーフを、コードが変わっても展開して行くと言う課題を出したら、きついきついと言いながら、こなしてしまう彼の実力は凄い。
 
今日もまた彼は、一歩プロに近づいた。
才能のある人を伸ばしてあげるコーチ冥利に尽きる日である。
 
菊地康正のサックスフルートレッスンはこちらです。
 

Old  Blog
菊地にサッ クス、フルート
を習
ってみたい方は、 ★ 菊地
康正のサックス、フルート教室へ
菊地のサ ックス、フル
ートのレッスンを
すべて動画化。
★Flute DVD ★Sax DVD

調子の悪くなったマウス
ピース
を再生、 菊地康正の
★サックス、マウスピース
リフェイス
菊地康正の伴奏ピアノ
オンライン講座
アドリブや アドリブや、
作編曲
目指す人に
音感を付ける

★音感トレーニングメソッド

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Theme: Overlay by Kaira Extra Text
Cape Town, South Africa